• home
  • 報道等に関する弊社見解

次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する有効性の報告とその報道に関する弊社見解

6月26日にNITEから発表された次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する有効性の報告、
および、経済産業省・厚生労働省・消費者庁から発表されたポスター、
さらには、それらの報道のされ方について、弊社の見解を述べさせていただきます。

【NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)2020年6月26日発表】

次亜塩素酸水は、以下のものを有効と判断しました。
・次亜塩素酸水(電解型/非電解型)は有効塩素濃度35ppm以上

注意点
①汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること
②対象物に対して十分な量を使用すること

※以下の文章中に使用します「次亜塩素酸水」という名称は、便宜上、広く、電解型・非電解型の次亜塩素酸水および次亜塩素酸水溶液を指します。

《有効性の報告内容とその報道のされ方について》

新型コロナウイルスに対する有効性は有効塩素濃度35ppm以上で認められたものの、「一定の条件で使用した場合に有効」との表現で報道されました。
その条件とは、汚れ(手垢や油脂)をあらかじめ除去すること、対象物に充分な量を使用すること(「ヒタヒタ」という感覚的な表現がされました)が挙げられていますが、このような使用上の条件は、何も次亜塩素酸水に限ったことではなく、アルコールの使用においても、汚れを除去していないと効果は落ちますし、対象物が水に濡れた状態でアルコールを使用しても充分な効果は得られず、また、濃度に関しても、次亜塩素酸水が何ppm以上で有効とされるのと同様に、アルコールにおいても濃度によってその効果は左右されます。
このように、どのような除菌剤・消毒剤であっても、充分な効果を得るための適切な使用条件(濃度や使用方法上の留意点)はある訳ですが、あたかも「次亜塩素酸水は条件付きで有効」と受け取られるような報道がされ、アルコールや界面活性剤に比べて能力が劣るかのような印象付けがされましたことは非常に残念です。

新型コロナウイルス感染拡大によるアルコールの不足により、アルコールに代わるものとして次亜塩素酸水が注目された感が強くありますが、そもそも次亜塩素酸水は、アルコールの代用品という位置づけの存在ではなく、古くから、医療、農業、畜産業、食品加工業等々、様々な分野で活用されてきました。
また、より有効(効果的・経済的)に活用するための研究や安全性の確認などの長い研究の歴史があります。

そもそも次亜塩素酸水は、「アルコールの代わりに使用するもの」ではありませんし、ましてや、アルコールと比べて有効性が劣るものでもありません。
アルコールにはアルコールの長所があるように、次亜塩素酸水には次亜塩素酸水が持つ独自の長所や、次亜塩素酸水に適した活用シーンがあります。

例えば、非常に安全性が高いということも次亜塩素酸水の大きな長所のひとつですし、効果の高さという点では、ノロウイルスのようなエンベロープを持たない(アルコールがほとんど効かない)ウイルスに対しても有効ですので、ノロウイルスの集団感染の発生の恐れがある施設様などで広く活用されていることは、よく知られるところとなっています。
また、安全上の問題で「空間噴霧による浮遊ウイルス・浮遊細菌の低減」といった目的で使用できる除菌剤・消毒は次亜塩素酸水の他にはありませんが、空間噴霧が可能なことは、次亜塩素酸水の最大の特徴です。

しかし、次亜塩素酸水が古くから様々な分野で有効利用されていることや、「医療施設、高齢者施設、畜産業、ペットショップ・動物病院などでは、次亜塩素酸水の空間噴霧はごく普通のことになっている」といったことについてはほぼ報道されませんでしたから、この度のことで初めて次亜塩素酸水というものを知った方々にとりましては、報道で知り得たこと、あるいは報道から受けた印象が全てになってしまっています。

NITEの最終報告から1ヶ月ほど遡る5月29日には、中間結果の公表がされましたが、それを伝える報道のされ方により、多くの方々に誤った認識を与える結果になってしまいました。
また、それを訂正する報道がしっかりとされなかったために、NITEから最終報告が出された6月26日以降も、さらには現在に至ってもなお、多くの人が誤った認識を持たれたままになっており、その負の影響は非常に大きなものだと考えています。

《次亜塩素酸水の空間噴霧について》

一方、空間噴霧に関する安全性につきましては、NITEでは「空間噴霧に関する有効性や安全性については評価していない」と、今回の評価の対象外であることが発表されていますが、何故か、経済産業省・厚生労働省・消費者庁からは、「まわりに人がいる中で、消毒や除菌効果をうたう商品を空間噴霧することは、おすすめしていません。」との見解が示されました。これは、誰の見解なのでしょうか。

次亜塩素酸水もこの「除菌効果をうたう商品」に含まれるとされている訳ですが、長きに渡って、研究者による科学的・学術的研究がされ、また、弊社のような製造・販売会社がそれぞれの努力によって安全性についての試験を行い、安全性に関する多くのエヴィデンスがあるにも関わらず、評価を行ってもいないのに(つまり科学的な根拠もなく)「おすすめしない」との見解を示したことには疑問を感じざるを得ません。

上述のように、以前より、大学あるいは民間の企業が安全性に関する検証試験を繰り返し行い、安全性の確認をしてきているのですから、問題を提起した状態のまま評価を打ち切るのではなく、次亜塩素酸水の空間噴霧に関する安全性についての検証を行う段階に進んでいただくことを強く希望します。

なお、弊社の『プーキープロケア』は、医療施設や高齢者施設などを中心に、食品加工場、飲食店、動物病院、商業施設などや一般のご家庭で、現在(2020年7月現在)まで約12年に渡って、空間噴霧による衛生管理の強化にご利用頂いておりますが、健康被害の報告は1件もございません。
また、弊社の『プーキープロケア』以外の他社製の次亜塩素酸水につきましても、弊社が把握している限り、健康被害発生の事例を聞いたことがございません。
(弊社ではありませんが、空間噴霧をして「眼が痛くなった」、「呼吸困難になった」などの訴えがあった事例は、いずれも、誤って塩素系漂白剤に使用されているアルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムを噴霧して発生した事例であることを把握しています。)

《社会に与えた影響について》

これまで述べてきましたNITEによる中間発表(5月29日)、最終発表(6月26日)、および、経済産業省、厚生労働省、消費者庁による発表とそれらを伝える報道は、ちょうど新型コロナウイルスの第一波の後、緊急事態宣言が解除され、商業施設や飲食店が営業を再開しようとし、また、学校の授業が再開される時期とほぼ重なりました。
それにあたり、充分な感染予防対策を講じた上で再開するために、多くの店舗、施設、自治体などが次亜塩素酸水の導入をしていたところにこれらの発表・報道があったために、大変な混乱が発生しました。

特に、空間噴霧に使用していた噴霧器あるいは準備していた噴霧器の撤去は、全国で大変な台数に及んだと聞いています。

一方、文部科学省は、NITEによる中間結果の公表により、一旦(6月4日)は、「児童・生徒がいる空間での次亜塩素酸水の空間噴霧をしないよう」通達を出しましたが、その後のNITEの訂正を受けて、6月16日には「有人空間で噴霧するケース」を容認し、先の「使用禁止」の通達を修正しました。

まさに、右往左往の大混乱の状態を作ってしまった訳です。

新型コロナウイルスに関しましては、今後、まだまだ大きな感染の拡大があるかもしれません。また、その上に、気温が低くなる冬のシーズンには、例年どおりインフルエンザやノロウイルスの流行も懸念されます。

そのような中、これらの感染拡大を防ぐ対策に有効であるはずの「次亜塩素酸水の利用」という強力な手段が失われてしまうかもしれない現状は、大変危機的な状況にあり、一刻も早く次亜塩素酸水が有効に利用される状態が実現されるべきだと考えています。

このように、この度のことが社会に与えた影響は非常に大きなもので、あるいは、今後の新型コロナウイルス感染拡大の行方にも大きく影響する可能性があるものと考えます。

《商品に記載すべき事柄について》

次亜塩素酸を含む製品は、その液剤の性質がそれぞれ異なりますことから、ユーザー様に、安全かつ有効にご使用いただくために、製品の詳細についてお知らせすべき事柄があります。

例えば、液剤の有効塩素濃度は特に重要ですし、その有効塩素濃度は経時変化(減少)しますことから、使用期限(消費期限)が記載されているべきです。また、次亜塩素酸水は「安全に使用できる」ということが大きな特徴のひとつですので、酸性の物質と混ざることを防ぐことなど、安全にご使用いただくための注意が書かれていることも大切です。

この度のNITEによる評価に伴いまして、商品に記載すべき事柄についての指針が示されましたことは大歓迎です。『プーキープロケア』製品におきましても、その指針に従って、必要な情報を商品に記載し、また、より詳しい情報をホームページに掲載するなどして、ユーザー様に「安全に」、「有効に」、「正しく」お使いいただくための努力を惜しまない所存です。
(『プーキープロケア』の液剤の詳細については、コチラをご覧下さい。