• home
  • 社会貢献活動

プーキーグループの社会貢献活動

プーキーの企業理念は、「本当によいものとは、からだにやさしくこころまでも健やかにはぐくむもの。」ということ。私たちはプーキープロケアをお客様の環境改善にお役立ていただきたいという思いのもと事業活動を営んでいます。
本当によいものを本当に必要な方々にということから、私たちはプーキープロケアが有効に活用いただけそうな方々に無償提供をしてきました。

私たちは災害・疾病流行など衛生管理の必要な場所へプーキープロケアをお届けすることで、微力ではありますが、お役にたてればと切に願っております。

ドナルド・マクドナルド・ハウス様への無償提供

公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン様は、入院が必要でご自宅から遠く離れて過ごすお子様とそのご家族が宿泊できる施設。ハウスで利用されるもののほとんどが理念に共感した企業からの提供とボランティアによって成り立っています。
私たちは、この社会的な意義の高い施設において、私たちの商品を有効にご活用いただきたい。
そういう思いから私たちの申し出は始まりました。

プーキープロケアはこれまで多くの老健施設、病院、保育園などでの導入があります。私たちは、ドナルド・マクドナルド様との共通点として人が多く集まる場所での感染症の防止ということでお役にたてるのではないかと思いました。

導入後はご好評いただいており、継続してご利用いただいております。

_

東日本大震災/被災地への無償提供

2011年3月11日に起こった東日本大震災の現場においても、私たちはプーキープロケアの提供させていただきました。
きっかけは、この未曾有の事態に私たちにできることは何かないかということから始まりました。

震災直後は、交通網の大混乱が起きたために、自治体を通じての支援物資の輸送はその品目が制限されて、プーキープロケアをお送りすることは非常に困難な状況にありましたが、そんな中、幸いなことに地元のNPO法人セカンドハンド様を通じて高松市からプーキープロケアをお送りすることができそうだということを知りました。

NPO法人セカンドハンド様と高松市のご協力のものと、山形の認定NPO法人IVY(当時、『国際ボランティアセンター山形』)様を通じて被災地の各所へとプーキープロケアを届けて頂きました。

被災地の現場では、仮設診療所でご使用頂いたり、津波によるヘドロの除去の作業をされているボランティアの皆さんの作業道具や作業服などの除菌と消臭にご使用頂いたりしました。

現在も、認定NPO法人IVY様が運営されている「あいびぃ保育園」様にて継続してご使用頂いております。

浜松市/ノロウィルスによる集団食中毒での無償提供

平成26年1月に発生しました浜松市の小中学校・幼稚園での1,000人を超える児童・生徒・職員さんのノロウィルスによる集団食中毒では、テレビ等で最初に報道された直後すぐに、私たちはアクションを起こしました。

浜松市役所の健康福祉部保健所保健総務課様にノロウィルスの二次感染対策にプーキープロケアをお使い頂くご提案と無償提供させて頂きたい旨をお伝えしたところ、急いで資料を送ってほしいとのことでしたので、すぐにエヴィデンスや使用方法の具体的な説明などの資料をメールでお送りしました。

その翌日、採用して頂けるとのお返事を頂きましたので、即日発送が可能な限りのプーキープロケアと噴霧器プロミストをお送りしました。ご提供しましたプーキープロケアと噴霧器プロミストは、保健総務課様を窓口に、浜松市教育委員会様を通じて、集団食中毒が発生した小中学校と幼稚園あわせて20施設に配布されご使用頂くこととなりました。

二次感染を拡大させないためにはできるだけ早い対処が必要です。幸いなことに、その後は二次感染でさらに感染が拡大したという報道はされず、やがて収束に向かいました。

浜松市からはご丁寧なお礼状を頂戴し、私たちの活動が少しでもお役に立てたことを大変うれしく思っています。