• home
  • 次亜塩素酸ナトリウムとの違い

次亜塩素酸ナトリウムと
プーキープロケア(弱酸性次亜塩素酸水溶液)の
性質の違い。

「プーキープロケア」は、「次亜塩素酸ナトリウム」と性質が異なります。 次亜塩素酸ナトリウムは、塩素系漂白殺菌剤に主に使用されています。
強アルカリ性で、強い除菌作用と漂白作用だけでなく、油汚れやたんぱく汚れなども強力に分解します。しかし、その一方で、直接手肌に触れると皮膚が荒れてしまったり、霧状になったものを吸い込むと鼻や喉の粘膜を傷めたり、金属を腐食させたりするなどの性質があるため、使用する際には、ゴム手袋やマスク、ゴーグルなどで防御するなど、取り扱いに注意を要します。一方、『プーキープロケア』は、弱酸性で手肌を含む人体に優しく、素材を痛めずに取扱いができるので、誰でも安心して気軽にご使用いただくことができます。

【液剤の性質の違い一覧】
  次亜塩素酸ナトリウム水溶液
(漂白剤・カビ取り剤 等)
プーキープロケア
(弱酸性次亜塩素酸水溶液)
液性 強アルカリ性 弱酸性
有効成分 CIO -(次亜塩素酸イオン) HCIO(次亜塩素酸分子)
次亜塩素酸分子 HCIOより低い CIO - の数十倍高い
安全性 低い 高い
皮膚・粘膜への刺激性 有り 無し
眼への刺激性 有り(非常に危険) 無し(念のため、流水で洗い流されることをお勧めします)
金属の腐食性 有り ほぼ無し
漂白剤 有り ほぼ無し
噴霧器による
空間噴霧
不可(有害です) 可能
(空間除菌・消臭できる)

『プーキープロケア』は、高い除菌・消臭能力と高い安全性を同時に併せ持つ
非常に優れた除菌・消臭剤ですので、医療分野でも広く活躍しています。